BUYMA(バイマ)副業は外注化すると利益は増えるんです

= 488

スポンサードリンク

こんにちは。

らあこです。

外注化って言葉を知ってますか?

外注化を進めると
どんなことが起こるかについてお話しします!

外注化とは何か?

外注化とは、一部の業務を報酬を支払って
他の人にやってもらうことを指します。

外注化の一例です。

出品をしてもらう「出品外注」さん

梱包をしてもらう「梱包外注」さん

リサーチをしてもらう「リサーチ外注」さん

お問い合わせ対応をしてもらう「お問い合わせ外注」さん

画像加工してもらう「画像加工外注」さん、etc

マニュアル化できる業務は全て外注することができます。

外注さんはどこで探すか?

私は、外注さんを
「CrowdWorks(クラウドワークス)」で募集しています。

クラウドワークスは、
「仕事を依頼したい人」と「仕事を探している人」を
オンライン上でつなげてくれる
クラウドソーシングサービスです。

クラウドワークスの中で仕事内容を掲示すると
興味を持ってくれた人が応募してくれます。

何度か文章でのやりとりを行った後
契約を結び、仕事内容を伝えます。

私は、契約した後、スカイプでお話をして、
業務の進め方を説明しています。

外注さんに何をしてもらうか?

外注さんには、
自分のしている業務の一部を依頼します。

出品外注さんには、
一品ずつの商品を依頼することもありますし
数を出してもらいたい時には、
「このブランドのこのカテゴリを全部出してください」と
依頼することもあります。

梱包外注さんには、
買付時に梱包さん宅に商品を発送し
届いたものを梱包・発送し
お客様への発送通知をして取引を完了してもらいます。

私は、発送数が多いので、梱包さんは3人います。

一人に商品が偏らないように買付時に気をつけています。

リサーチ外注さんは、
どの商品を出すかをリサーチしてもらいます。

リサーチの仕方は、
何度かスカイプで私のやり方を説明し
コツを掴んでもらうようにしています。

どんな商品が売れているかを調べる一品ずつのリサーチや
季節によって今後どのカテゴリが売れるかを探すリサーチ
雑誌やインスタで取り上げられている商品を探し出すリサーチなど
色々なものがあります。

お問い合わせ外注さんは、
お客様からのお問い合わせに返信してもらう外注さんのことで
私は、お問い合わせだけでなく、
買付、他の出品さんへの指示なども含めて一人の人にお願いしています。

画像加工外注さんは、画像加工が得意な方に
画像の加工だけをしてもらっています。

画像加工が苦手な方と一緒に一つの商品を出品してもらったり
ロゴや背景など特殊な加工をお願いしたりしています。

自分が何が得意で何をしたくないのかを考えると
「外注さんを募集、面接してもらう人」
「ブログの記事を書いてもらう人」などなど
外注化できる業務は無限大に増えていくのではないかと思います。

外注スタッフを増やすことでどんなメリットがあるか?

外注スタッフを増やすと、自分の時間ができます。

私がBUYMA(バイマ)を始めた時は
一人で全ての業務をこなしていたので
1ヶ月の出品目標は300品でした。

毎日10品出品すれば、月300品になるとのことで
コミュニティの仲間たちも頑張っていました。

ただ、本当に一人で300品の出品をして
お客様対応もして、リサーチもするとなるとすごく大変です。

パートもしていたので、割ける時間は限られるため
睡眠時間を削るしかなかったです。


外注化を進めた今の1ヶ月の出品目標は1000品です。

なかなか目標値に届かないので、
随時出品外注さんを募集したり
今いる出品さんにもう少し出品数を増やして欲しいとお願いして
この目標値に近づけるようにしています。

出品数が3倍に増えることで
売り上げ、利益も自然に増えます。

外注化することで、仕事をする時間は減るのに
利益は増える、という構図になります。

時間が増えた分、リサーチをしたり、
仕入先との交渉をしたり販売経路を増やしたりと
他のことに目を向けられるようになります。

メリットは多大です♪


人気ブログランキング

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください