30代に必要な保険の種類と見直し方法からわかるオススメの保険!

= 122

結婚時にはお互いの加入保険を確認し名義変更。妻は妊娠、出産時期にはトラブルが多いので医療保険には入っておいた方がいいと思います。子どもが生まれたら子どもが独立するまでの間は死亡保険に加入しましょう。

スポンサードリンク

30代に必要な死亡保障の目安

  夫の職業 妻の職業 死亡保障額の目安
会社員 会社員 3000万円〜4000万円
パート・主婦 4000万円〜5000万円
自営業 会社員 4000万円〜5000万円
パート・主婦 5000万円〜6000万円
無関係 会社員 1000万円〜1500万円
パート・主婦 500万円〜1000万円

 

スポンサードリンク

子どもが生まれた時の保険

定期保険や収入保障保険が基本パターン。職場のグループ保険も検討の余地があります。効果的なパターンは1人目が生まれた時に定期保険に加入し、2人目が生まれた時に収入保障保険に加入するといいでしょう。

30代のオススメ保険

1人目は定期保険

●メットライフ生命 スーパー割引定期保険
 保険状態を4つのランクに分け、健康なほど保険料割引を受けることができます。

2人目は収入保険

●チューリッヒ生命 収入保障プレミアム
 死亡または所定の高度障害状態になった場合、遺族が一定金額の年金を受け取れるのが特徴です。禁煙者、血圧の数値により最大4割の割引があります。

学資保険で極め付け

●ソニー生命 学資保険
 返戻率の高い貯蓄性を重視した学資保険です。契約者に万が一のことがあった場合、払込は免除され、保障内容はそのまま継続されます。

まとめ

30代は一番保険について見直しが必要な時かもしれません。ライブイベントが多いので今一度ご自身の保障内容を確認する必要があります。妻の結婚前の医療保険などは親名義になっていることが多いので、きちんと名義変更しておく必要があります。この時、いちいち解約して加入し直さなくてもいいことを覚えておいてください。結婚前から加入しているなら、保険料が安いと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です