子育て世代必見。2分でわかる保険を使った相続対策のポイント!

= 114

保険の魅力の一つに保障以外の
相続対策が挙げられます。

保険って相続にかなり使えるんです。

では、相続どのような相続対策が
できるか見ていきましょう。

スポンサードリンク

3大相続対策

争族対策
遺産分割やその内容でモメる

節税対策
相続税をできるだけ安くする

納税対策
相続税の納税資金を確保する

みなし相続財産になる

生命保険は相続税上本来の相続財産ではなく
「みなし相続財産」になります。

みなし相続財産とは受取人固有の財産になる
という判例があります。

つまり、通常の財産とはみなされません。

どういうことかと言いますと、
保険契約者が加入時当時に受取人を指定して
おけば、遺言や遺産分割協議によることなく
配分が確定するものです。

要は被相続人(財産を渡す方)がある程度
自分の裁量で財産分与を行うときに保険は
有効なるわけです。

代償分割

特定の相続人が財産を相続する代わりに、
他の相続人に金銭などを与える方法です。

例えば、
土地2000万円、現金1000万円を遺産の場合。

土地を相続した相続人から
現金を相続した相続人に
500万円の現金を渡せば、
財産価値は両者とも1500万円となり、
合意できる可能性があります。

このような方法を代償分割といいます。

でも土地を相続した相続人が500万円の現金を
持っていなかったとしたらどうでしょう?

そこでこの不足分の500万円を
土地を相続する相続人を受取人とした
保険で用意しておきます。

スポンサードリンク

保険を節税対策に使うメリット

保険の非課税

国税庁のページの以下のような
解説があります。

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
 この死亡保険金の受取人が相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含まれません。)である場合、全ての相続人が受け取った保険金の合計額が次の算式によって計算した非課税限度額を超えるとき、その超える部分が相続税の課税対象になります。

500万円 × 法定相続人の数 = 非課税限度額

なお、相続人以外の人が取得した死亡保険金には非課税の適用はありません。

(注) 1 法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。

     2 法定相続人の中に養子がいる場合、法定相続人の数に含める養子の数は、実子がいるときは1人、実子がいないときは2                   人までとなります。  

例えば、
配偶者、子ども2人が法定相続人の場合は
現行では1500万円ぶん生命保険金の受取が
非課税となります。

保険料の贈与

この他にも配偶者や子どもが自分たちで
加入し、保険金を受け取れる方法も
あります。

それば保険料の贈与です。

契約者と受取人が同じの場合
(受取額ー正味払込保険料ー50万円)×1/2
が所得税(一時所得)の課税対象額と
なります。

ですから、自分で保険に入り保険金を
受け取ることも手です。

その保険料を贈与するということです。

贈与は年間110万円までは非課税
となります。

その範囲内で子どもが払うはずの
保険料を親が贈与するということです。

これも一つの手です。

まとめ

保険とは保障だけではく相続にも使えます。
そう考えると面白くないですか?

将来、長男にはマイホームをあげて
次男には現金をあげたい。

その現金を保険で用意できます。

相続とはいえ子育て世代の方も必要です。
むしろ、若いうちから備えをしておいた
方が選択肢も広がります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です