医療保険やがん保険の特約としてよく耳にする先進医療特約とは?

= 104

医療保険やがん保険で特約として
付いてくる先進医療。

先進医療って一体何なんでしょう?


スポンサードリンク

先進医療とは

先進医療については厚生労働省に以下のような
説明があります。

先進医療については、平成16年12月の厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣(規制改革、産業再生機構)、行政改革担当、
構造改革特区・地域再生担当との「基本的合意」に基づき、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたものです。 また、先進医療は、健康保険法等の一部を改正する法律(平成18年法律第83号)において、「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」として、厚生労働大臣が定める「評価療養」の1つとされています。 具体的には、有効性及び安全性を確保する観点から、医療技術ごとに一定の施設基準を設定し、施設基準に該当する保険医療機関は届出により保険診療との併用ができることとしたものです。
 なお、将来的な保険導入のための評価を行うものとして、未だ保険診療の対象に至らない先進的な医療技術等と保険診療との併用を認めたものであり、実施している保険医療機関から定期的に報告を求めることとしています。                      

つまり、大学病院等高度な医療機関で研究・開発
された医療技術であり、安全性と治療効果は確保
しているが、保険診療の対象としているかは検討中
のものを言います。

平成29年4月1日現在で103種類の治療が
指定されています。

これらは日々更新され、適用されたり
除外されたりしています。

スポンサードリンク

負担額はいくらか?

先進医療を受けた時の費用は、
患者は一般の保険診療の場合と比べて、
「先進医療に係る費用」を
多く負担することになります。

「先進医療に係る費用」は、
患者が全額自己負担することに
なります。
「先進医療に係る費用」は、
医療の種類や病院によって異なります。

「先進医療に係る費用」以外の、
 通常の治療と共通する部分
(診察・検査・投薬・入院料等)の費用は、
 一般の保険診療と同様に扱われます。

つまり、一般保険診療と共通する部分は
保険給付されるため、各健康保険制度における
一部負担金を支払うこととなります。

厚生労働省のホームペジより
費用負担の解説に付いて抜粋しました。

先進医療の例

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建
重粒子線治療
陽子線治療
前眼部三次元画像解析
実物大臓器立体モデルによる手術支援
硬膜外自家血注入療法
などがあります。

そんなこと言われても
なんのことかわかりませんよね?

主にはがん治療の場合に先進医療は
使われているようです。

スポンサードリンク

どうやって先進医療を受けるの?

先進医療は、一般的な保険診療を受けるなかで、
患者が希望し、医師がその必要性と合理性を
認めた場合に行われます。

先進医療を行うことができる医療機関は
決まっています。

患者が希望しても医療機関によっては
先進医療に前向きではないところも
あるみたいです。

医療費の絡みがあるみたいですね。
ここは粘り強く相談するしかありません。

まとめ

先進医療って非常にわかりにくいです。
しかも、コロコロ変わります。

ただ、重粒子線治療などがんの治療には
適用されているみたいです。

あー、がんの時には使えるのかな
くらいのイメージでいいと思います。

それだけでも知っておきましょう。

医療保険、がん保険、どちらかに
先進医療特約をつけていれば大丈夫です。

全部につけても意味がありません。

一般的に2000万円まで保障
というところが多いです。

参考にしてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です