障害年金の種類や金額は?精神疾患やうつなどは適用できるのか?

= 108

スポンサードリンク

障害年金とは?

けがや病気が原因で精神や身体に障害をお持ちの方で、仕事をするときや日常生活を送るうえで支障のある方に年金や一時金を支給する制度のことを言います。

初診日(初めて医師の診療を受けた日)を起点に、それまでの保険料の納付率が一定以上でなければ(20歳前を除き)障害年金の申請すら認めてもらえません。でも、初診日に年金制度未加入で保険料も全く納めたことがない方でも受給できる20歳前障害年金もあります。

スポンサードリンク

障害年金の種類

①国民年金グループ…障害基礎年金

②厚生年金グループ…障害厚生年金、障害手当金

障害年金の金額

障害基礎年金

障害基礎年金1級:974、125円(2級の1.25倍)

障害基礎年金2級:779、300円

子に対する加算額

2人目までの子:1人当たり 224、300円

3人目以降の子:1人当たり  74、800円

(注)子は18歳の年度末(3月31日)を過ぎていないこと。また、障害の状態にあり1級又は2級に該当する子は20歳まで加算されます。

※妻に対する加算はありません

障害厚生年金

障害厚生年金1級:報酬比例部分の年金額の1.25倍

障害厚生年金2級:報酬比例部分の年金額

障害厚生年金3級:報酬比例部分の年金額( 最低保障額 584,500円)

障害手当金:報酬比例部分の年金額の2倍(最低保証額1,169,000円)

妻に対する加算

妻に対する加算:224,300円

※ 1級又は2級の障害厚生年金を受給している方に生計を維持されている65歳未満の配偶者があるときは配偶者加給年金が加算されます。

子に対する加算はありません。

障害年金の手続

手続きも長文の申立書作成や提出書類の種類も多く、その取得や取り直しや書き直し等々で何度も病院や申請窓口に足を運ばなければなりません。請求書類提出完了までは手間と時間がかかり、そして気苦労も重なります。

障害年金の審査はほぼ書類だけで行われますので、書類は単に手続き上の記入不備がなければ良いのではなく、障害の状態、治療や生活状況の経過等が基準に該当しているかを記載していなければならないのです。受理されれば、支給は当然のことで後は年金証書が郵送され、年金事務所で試算してもらった年金見込額通りに振り込まれるのを待つだけの老齢や遺族年金等とは違います。

 審査結果に対する不服を申し立て(=審査請求、再審査請求)不支給や等級判定の取り消し、変更を求めることが可能で、掛かる費用は請求書類の郵送料程度です。審査請求件数は増加していますが決定を覆すことは難しいのが実情です。やはり最初の申請段階で問題点を明確にして周到な準備を進めることが最善の策だと考えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です