通院日数や医療保険、がんのデータでみるがん保険の必要性と不要論

= 112

皆さんはガンに対してどういうイメージをお持ちですか?「死ぬ」「手術」「長期入院」というイメージではないでしょうか?実際にガンについてデータで見てみましょう。がん保険の加入の参考にしてください。

スポンサードリンク

知っておこう!がんの常識

3人に1人はがんで死ぬ

死因別死亡数の割合 ベスト3
①悪性新生物:28.9%
②心疾患:15.5%
③肺炎:9.4%

部位別の死亡率

①胃 男:51.6%  女:25.5%
②肝 男:31.4%  女:16.0
③肺 男:86.0%  女:32.4%
④大腸 男:42.9% 女:34.6%
⑤乳房         女:20.6%
⑥子宮         女:10.0%

入院日数

がんの入院日数は平成11年は27.2日、平成26年は16.8日

傷病別平均入院日数

①悪性新生物:19.9日
②糖尿病  :35.5日
③高血圧  :60.5日
④心疾患  :20.3日
⑤脳血管疾患:89.5日
⑥肝疾患  :25.8日

スポンサードリンク

がん治療の常識

治療費

現在のがん患者の自己負担額は21万円

治療費以外の費用

がん治療費以外の年間費用
①10万円未満:21%
②10万円以上20万円未満:18%
③20万円以上50万円未満:24%
④50万円以上100万円未満:14%
⑤100万円以上:17%

治療費以外にかかった費用
①交通費・宿泊費:57%
②定期検査費:54%
③健康食品代:39%
④外食費:27%
⑤ウイッグ購入費:26%

データは厚生労働省のデータを参考にしています。

まとめ

皆さんいかがでしたか?これらのデータを参考にしていただければと思います。皆さんの予想通りだったところもあったと思います。しかし、思いの外、費用がかからないと思われた箇所もあったのではないでしょうか?この記事をご覧いただいて、ぜひ皆さんに適した保険を選んでいただきたいともいます。

がんは意外と入院しないですよね。通院なんですね。なら、どうやって対策を練ろうかということです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です