車両保険などの自動車保険の保険の任意保険の種類や内容を徹底解説

= 132

自動車保険(任意保険)といってもその補償の中身は様々です。自動車保険に入る際の補償に内容について保険別にみてみましょう。

スポンサードリンク

自動車保険の自賠責保険と任意保険

自動車保険には大きく自賠責保険と任意保険の種類があります。自賠責については別のページで解説しています。

自賠責保険の解説

自賠責保険は加入が強制であるのに対して、任意保険は自賠責保険で足りないところを任意に選んで加入するというものです。その任意保険の種類についてみていきましょう。

スポンサードリンク

自動車保険の任意保険の種類

対物賠償責任保険

自動車事故によって相手の車両などの他人の財産に損害を与え損害賠償責任を負担する場合に,その損害賠償の支払いを補償する保険のことを言います。

対物賠償責任保険は,被害者からの直接請求が可能です。また,示談代行特約が付されていることもあります。

対人賠償責任保険

人身事故を起こしてしまい,被害者に対して人身損害に対する損害賠償責任を負担する場合に,その損害賠償金の支払いを補償するものをいいます。

自賠責保険で賄いきれない部分を埋めるのが、この対人賠償責任保険ということになります。

自賠責保険が要件を満たさないために支払われない場合には,対人賠償責任保険において全額が支払われるという特約等が付されることもあります。

この対人賠償責任保険については,被害者保護の観点から,自賠責保険と同様に被害者からの直接請求が可能となっています。また,被害者への仮払いの制度や内払の制度なども用意されています。

加えて,この対人賠償責任保険には,各種の特約が用意されてるのが通常です。示談代行の特約や弁護士報酬特約などが代表的です。

自損事故保険

自損事故保険は,文字どおり,保険の対象となっている対象自動車の自損事故によって生じた人身損害を補償する任意保険です。

搭乗者保険

搭乗者傷害保険は,保険の対象となっている自動車に搭乗中の人が死傷した場合に保険金が支払われるという任意保険です。

ここでいう搭乗者とは,正常な状態で自動車に乗っている者とされ,トランク内にいる者や車外にいる者は,原則として含まれないとされています。

無保険車傷害保険

自動車事故の被害に遭った場合に,ある意味で一番問題となるのが,その相手方加害者等が対人賠償責任保険に加入していなかった場合です。

相手方加害者等が対人賠償責任保険に加入していないと,支払能力がないために十分な損害の填補を受けられないということが少なくないからです。

そこで,そのような無保険車との事故によって十分な賠償を受けられないという場合に,その不足部分を補償するという任意保険が,この無保険車傷害保険です。

なお,ここでいう無保険車とは,自賠責保険の加入していないという意味ではなく,任意保険の対人賠償責任保険に加入していない,または加入しているものの免責によって保険金支払いがなされない場合や金額が低いという場合を意味しています。

つまり、相手方加害者が自賠責保険には加入していたとしても,この無保険車傷害保険は適用される場合があります。

車両保険

自動車事故によって,保険の対象となっている被保険車両が損壊するなどの損害を被った場合に,その損害を補償するのが,車両保険です。なお,ここでいう自動車事故とは,偶然の事故を意味しますが,盗難等も含まれるとされています。

人身傷害補償保険

保険の自由化によって登場した保険で,現在では自動車保険商品の主流ともなっているのが,人身傷害補償保険です。

人身傷害補償保険は,自動車事故によって被保険者が傷害を被った場合に,それによって発生した損害を補償するという任意保険です。

通常,被害者の方が自動車事故によって傷害を被った場合には,加害者等や加害者側の保険会社に対して損害賠償を請求することになりますが,この人身傷害補償保険に加入している場合には,ご自身で加入している保険会社に対しても保険金の支払いを請求できるということになるのです。

事故の過失割合で保険金の支払いの有無が決まりますので、事故に遭っても被害の全額の支払いを受けることができるわけではありません。

もちろん二重取りができるわけではなく,ご自身の加入している保険会社から保険金の支払いを受けた場合には,それによって支払いを受けることができなかった不足分を相手方に請求できるにすぎませんが,一定金額を早く支払ってもらえるという点では有用な保険でしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です