知っていれば少しお得な損害保険、生命保険の保険料控除について解説します。

= 139

保険料控除は対象となる保険を年末調整等で申告することで、一定の税金が戻ってくる制度です。この保険料控除について損害保険と生命保険の両保険からみていきましょう。

スポンサードリンク

保険料控除で何が安くなるの?

生命保険料や地震保険料を支払っている場合、生命保険料控除・地震保険料控除の手続きをすると、払い込んだ保険料によって一定の金額がその年の所得から差し引かれます。税率をかける前の所得が低くなることで、所得税と住民税の負担が軽減されます。税金そのものが安くなるのではありません。税金の対象となる所得が少し低くなるということです。

スポンサードリンク

損害保険の保険料控除

損害保険は2007年の改正で地震保険料控除が新たに設定さて、現在は経過措置として火災保険などの1部が控除されています。自動車保険や傷害保険には控除の適用がありません。損害保険は地震保険だけが保険料控除の対象となることを知っておいてください。

所得税が最高50,000円、住民税が最高25,000円、課税所得金額から控除されます。控除の対象となる保険や共済の契約は、自己もしくは自己と生計をともにする配偶者やその親族が所有している居住用家屋・生活用動産が対象となります。 

生命保険の保険料控除

生命保険の控除については2012年の改正で大きく変わりました。2012年以降の保険契約は新生命保険料、2011年以前の保険契約は旧生命保険料に分かれています。

旧生命保険料控除制度のものとでは、死亡保険、個人年金関連それぞれに5万円、最大10万円の控除が受けられました。そして、2012年以降の新生命保険控除は死亡保険、医療保険(介護保険)、個人年金のそれぞれにつき支払い保険料の4万円分までが控除の対象になりました。つまり、最大12万円です。

2012年以降に契約した保険、もしくは更新した保険が新保険制度の対象となります。ここは注意しておいてください。

まとめ

控除と言ってもそれほどたくさんの金額が控除されるわけではありません。しかし、やらないよりやる方がいいんです。数千円でも返ってくるもの、貰えるものはもらいましょう、日本は申請国家です。自分で申請しなければもらえません。知らないことが罪ということです。

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です