遺族年金の種類と額がわかれば生命保険の必要保険金がわかります!

= 147

スポンサードリンク

遺族年金が必要保障額の計算のベースになる

生命保険の計算に必要な保障額。

自分に何かあった場合には
いくらの保険金が必要なのか?

この額の計算には、国などの公的機関から
いくらもらえるかを知っておく必要が
あります。

そこの足りない部分を保険で補うという
のが基本パターンです。

例えば。
30万の月収がある夫がなくなった場合
30万円ー遺族年金=保障額になります。

年金以外にも貯金とかがあると思いますが
ここは目安として書いておきます。

スポンサードリンク

遺族年金の種類

遺族年金は何種類あるのか?

答えは遺族基礎年金と
遺族厚生年金グループです。

遺族基礎年金

遺族基礎年金は国民年金の被保険者が
死亡した時に支給されます。

つまり、自営業者もサラリーマンも
その配偶者も受け取れます。

遺族年金の1階部分です。

では、この遺族基礎年金は
子どもがいる配偶者または子に
支給されます。

つまり、子どもありきの保障ですので、
養育年金の要素が強いんです。

障害の場合を除いて一番下の子どもが
18歳の年度末を迎えるまで支給されます。

障害がある子どもの場合は
その子が20歳になるまで支給されます。

遺族基礎年金は定額です。

年金額は779、300円+子どもの加算
となります。

第1子、第2子…224、300円
第3子…74、800円
となります。

配偶者がおらず子どものみが受取人である場合は
第1子は224、300万円で
第2子は74、800円になります。

ということは配偶者と子ども2人世帯
とかでしたら、遺族基礎年金だけだと
10万いけば上出来です。

これに遺族厚生年金を足すわけです。

遺族厚生年金グループ

遺族厚生年金
厚生年金の被保険者または受給権者に支給
されます。

会社員や公務員に支給される2階て部分の
遺族年金となります。

夫の死亡時から基本は自分の死亡まで
もらえます。

もらえる金額は
これまでの加入実績に応じた老齢基礎年金」÷加入月数×300ヶ月×3/4
となります。

太字これまでの加入実績に応じた老齢基礎年金加入月数は
ねんきん定期便に記載されています。

中高齢寡婦加算とは
一定の要件を満たせば、
子のない40歳以上65歳未満の妻に
支給されます。

年額は平成28年度で585,100円です。

経過的寡婦加算とは
昭和31年4月1日以前生まれの
妻を対象に支給されます。

一定年齢以上の方は
中高齢寡婦加算の額の額より、
65歳から支給される老齢基礎年金の方が
低くなる場合があります。

その場合に支給されます。

中高齢寡婦加算ー(老齢基礎年金の満額×妻の生年月日に応じた率)
となります。

まとめ

遺族基礎年金しかもらえない方は
いわゆる自営業などの方です。

遺族厚生年金がもらえる人は会社員、公務員
となります。

つまり、保険加入という面からみると
自営業はかなり気合い入れて保険を考えないと
遺族はえらい目に逢います。

会社員の遺族も安心はできません。
中高齢寡婦加算でも月額にすると
5万円弱です。

ショボすぎます。

これに遺族厚生年金がもらえるわけです。

何はともあれ公的年金だけでは相当厳しいです。
特に自営業等の方は気に留めておいてくださいね。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です