安さ以外の機能性でも差が出るあなたにぴったりの収入保障保険とは

= 176

収入保障保険の特徴や仕組みから
あなたにぴったりの保険を見つけていきましょう。

まず、収入保障保険とは何か?
その仕組みを見ていきましょう

スポンサードリンク

収入保障保険とは何か?

収入保障保険とは毎月10万や20万円など
給料のように保険金を受け取れる保険の
ことを言います。

10年間などといった年数や60歳までといった
年齢などであらかじめ保証期間を決めておきます。

オススメとなる対象はシングルマザーや若年夫婦
保険料重視の方です。

収入保障保険は満期に向けてだんだん保険金が
減っていきます。

例)60歳まで毎月10万円の保証に加入したとします。
45歳で万が一のことがあった場合は、60歳までの
15年間、毎月10万円ずつ受け取れます。
すなわち、10万×12ヶ月×15年間=合計1800万円となります。

しかし、55歳の場合、60歳までの5年間となるので
10万円×12ヶ月×5年間=合計600万円となります。

死亡する確率は歳をとればとるほど上がりますが、
支払額は下がっていきます。

収入保障保険の保険金が安い理由はここにあります。

スポンサードリンク

安さ以外の収入保障保険の特徴は?

収入保障保険は保証内容では
差がつきにくくなっています。

ただし、保険料に関しては一定の
条件をクリアすれば安くなる設定が
あります。

健康体料率特約

非喫煙期間が1〜2年などや
血圧の基準が一定の数値以下なら
保険料が安くなるというものです。

健康に自身がある方はぜひ検討の
価値があると思います。

この各基準に関しては各保険会社に
よって違いますので、要チェックです。

三大疾病特約

死亡でなくても、
がん、急性心筋梗塞、脳卒中で
所定の状態になった場合、一定期間
保険金が給付されるというものです。

保険金受け取り

収入保障保険の保険金は毎月受け取れますが、
希望に応じて一括で受け取ることもできます。

大きな出費がある時は一括受け取りに
しましょう。

収入保障保険の税金について

収入保障保険は年金と一括受け取りが
あります。

年金受け取りの場合は雑所得となり、
所得税、住民税がかかります。

一括で受け取る場合は相続税がかかります。

雑所得の方が税金がかかります。

まとめ

収入保障保険は保険料が安いのは事実です。

そして、保障の違いはほとんどありませんので
比較する時は保険料が安いものを選ぶべきです。

ただし、健康状態などで微妙に保険料が安くなる
ものもありますので、そこは要チェックです。

保険にお金をかけずに合理的に生命保険に加入
する時に適した保険と言えます。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です