子供の日常生活や自転車の事故にも役に立つ個人賠償責任保険とは?

= 137

個人賠償責任保険とは貯蓄で払いきれない損害賠償金を格安でカバーできる最強の保険です。

スポンサードリンク

個人賠償保険の内容は?

個人賠償責任保険で賠償される事故

日常の偶発事故

1 自転車で歩行者に怪我をさせてしまった

2 店で展示品を壊した

3 飼い犬が他人に噛み付いた

仕事中や借り物の事故(保障外)

1 友人から借りていたカメラを落下

2 配達アルバイトの自転車で歩行者に怪我をさせた

3 酒を飲んだ上に喧嘩をして怪我をさせた

こんな人におすすめ

ファミリーや子どもが小さい方向け。子供のいる家庭であれば絶対契約すべき保険です。自転車事故でも1億近い損害賠償を請求されるケースがありますので、必ず加入することをおすすめします。

スポンサードリンク

個人賠償責任保険を選ぶ際に必要なトレンド

加入できるのは3つの方法から

火災保険

マイホーム購入時に加入する火災保険の特約として加入することができます。

自動車保険

マイカーにかける自動車保険でも特約として加入は可能

クレジットカード

クレジットカードからも加入が可能

保険料

年間保険料 1620円

家族の1人が入っていれば、配偶者やその子どもまで補償対象となるので、一家に1契約となります。

個人賠償責任保険

タイ人となると賠償金は一気に跳ね上がります。補償額は無制限を選びましょう。

相手方との交渉は相当なパワーを使いますので、「示談交渉サービス」付気を選ぶと交渉に長けたスタップが代わりに交渉してくれます。

実際の事件での事例

子どもが公園で遊んでいて高齢者とぶつかり、高齢者が骨折した場合などは使えます。また、子どもが運転する自転車運転事故。実際に合計9000万円以上の損害賠償を命じられたこともあります。

子どものことですので、そこまで注意できません。そこまで子どもの責任にも限界がありますし、常に親が子を見ているわけではないので保険という担保は必ず必要です。

この保険は各種損害保険の特約、またはクレジットカードの特約として加入できます。ぜひ、皆さんも検討してください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です