返ってくる?医療費の自己負担限度額である高額療養費を計算しよう

= 168

病気になった場合、医療費は無限に
かかるのでしょうか?

そうではありません。

医療費には自己負担額の限度があります。

医療費の家計へのフランを減らすために
医療機関や薬局の窓口で支払う額が
1ヶ月(暦月:1日〜末日)までで上限を
超えた場合にその超えた額を支給する
高額療養費が支給されます。

スポンサードリンク

高額療養費の概要

例えば厚生労働省から高額療養費について
以下のようなガイドラインが出ています。

70歳未満の人の場合

例えば、年収400万円の人で
医療費が100万円かかった場合。

ここでいう医療費は私たちが支払う
3割負担の自己負担額ではありません。

7割の療養の給付も含めた込み込みの
医療費の総額を言います。

この場合、自己負担額は
30万円になります。

例の場合、
80,100+ (1,000,000-267,000)×1%=87,430円
が自己負担額の上限となります。

ですから、すでに30万円を払っているので
300,000円ー87,430円=212,570円
返ってきます。

70歳以上の人の場合

70歳以上の場合、
自己負担の限度額が「外来(個人ごと)」
「外来+入院(世帯合計)」にわかれていて、
70歳未満と違います。

どのように払い戻しを
受けることになるのでしょうか。

まずは、1カ月にかかった
外来(入院ではなく通院)費用の個人分を
それぞれ合計します。

その額が外来(個人ごと)の限度額を超えていれば、
払い戻しを受けることができます。

さらに、外来(個人ごと)の限度額以下の部分と
入院費用を世帯で合計した金額が
「外来+入院(世帯合計)」を超えた場合には、
払い戻しを受けることができます。

例えば、
一般世帯の72歳夫、70歳妻がいます。

夫が外来で30,000円を負担し、
入院で70,000円を負担しました。

この場合、外来では12,000円(18,000円は現物給付
で入院では44,400円(25,600円が現物給付)
が上限の負担額となります。

また、妻が外来で20,000円を負担した場合
12,000円が上限となります。

夫と妻を合わせたら
12,000+44,400円+12,000円=58,400円
が負担となります。

で、世帯の自己負担の上限は44,400円
となります。(現物給付は14,000円)

スポンサードリンク

高額療養費のまとめ

図の表により70歳未満の方ですと、
8〜9万円が医療費の上限となります。

70歳以上なら4〜5万円が上限です。

この金額をどう埋めるかが医療保険の
ポイントです。

医療費についてはこの他にも上限があります
ので、別の機会にお話しします。

スポンサードリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です