出産手当金が退職後にもらえる条件と扶養やパートにももらえる金額

= 316

スポンサードリンク

出産手当金とは

出産手当金とは被保険者が
出産した時に出産の日以前42日間から
出産の日後56日までの間において
労務に服さなかった期間
1日ごとに支給される手当です。

多治妊娠の場合は産前の期間が
42日から98日となります。

出産日が遅れて産前の日が伸びたと
しても産後の日数は変わりません。

労務に服さなかった期間というのは
労務可能な状態であっても、
実際に労務に服さなければ支給されます。

保険者に対する生活、所得保障という
意味合いです。

スポンサードリンク

出産手当金はいくらもらえるのか

出産手当金の額ですが、

支払い開始前1年間の各月の標準報酬月額の平均額の30分の1相当額 × 3分の2
です。

これは傷病手当金と同時です。

ザクっと言うと出産で仕事ができなくても
給料の3分の2はあげますという意味です。

出産手当金は扶養家族にはもらえるのか?

答えから言うともらえません。

被保険者の所得保障ですので、
被扶養者には支給されません。

退職後の出産手当金の継続給付

退職者であっても次の全てを満たした時には
出産手当金が支給されます。

①保険者の資格を喪失した日の前日まで
 引き続き1年以上被保険者であったこと
②資格を喪失した際に、出産手当金の支給を
 受けている、または受けることができる状態
 にあること

1は1日の空白もなく保険者であることが
必要です。

2は本来は手当を受けられる状態ではあるが、
事業主等から報酬を受けていた場合のことです。

問題は2です。

出産42日以前に退職した場合は、
出産手当金は支給されません。

退職時に出産以前42日ではないので
出産手当金の支給要件が満たして
いないからです。

パートさんはもらえるのか

パート云々の話ではなく
パートであっても健康保険に加入し
健康保険の被保険者がどうか
が問題となります。

まとめ

出産手当金は出産一時金ともに
もらえます。

また、出産手当金は仕事ができたとしても
仕事しなかったらもらえるわけです。

ただし、扶養家族については冷たいんです。

扶養家族については出産時に一時金として
40万ほどもらえる出産一時金は
家族出産育児一時金として受け取れます。

パートに関してはパートとか社員とか言う
くくりではありません。

被保険者かどうかです。

被保険者かどうかは4分の3基準とかが
ありましたね。

簡単に言うと社員と比べて4分の3以上
働いていれば社保に入れるよってことです。

そこを思い出してください。

最近は常勤のパート、アルバイトと言う雇用も
あります。

健康保険を取り巻く環境も
日々多様化してきていますね。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です