共済保険の掛け金や保障は本当に得なのか?保険の共済の違いは何か

= 118

スポンサードリンク

共済の種類

共済といっても種類は様々です。JA共済もあればコープ共済などの種類があります。これらは共済事業という非営利の事業として運営されているもので、保険会社より安いことで知られています。料金プランもシンプルで非常にわかりやすいです。僕の感覚では非常に保険金が下り安いイメージです。

スポンサードリンク

共済と保険のわかりやすい違い

医療保険については民間の保険の方が保障内容が日々刷新されているのは事実です。しかし、死亡保障の部分を見てみると民間の保険とそれほど差はありません。ということは逆に考えると、医療保障に部分にこだわりがなければ、共済は十分選択肢に入るということです。

共済保険の特徴

保険金が少ない

民間の保険とは違って保険金の設定が非常に低く設定されています。上限は2000万円で設定されていることが多いです。手術時の給付金は10万円ほどです。

高齢時の保障が少なくなる

60歳を越えると死亡保障が1000万円と半額になり、65歳を越えると【熟年型】というさらに保障の少ないものに変わります。入院は老後の方がリスクが高くなるのでここが気になるところです。

基本的に掛け捨て

基本的には掛け捨てとなっています。掛け金も2000円と4000円という2タイプに別れています。貯蓄を踏まえて保険に入りたいという方には不向きです。

保障内容(例)

    15歳〜60歳 60歳〜65歳
入院

事故(120日まで)

1日8000円 1日5000円

病気(120日まで)

 

同上 同上
手術 入院中 50000円

25000円

外来

10000円 5000円
重度障害

事件

1000万円 500万円

病気

400万円 200万円
死亡

事故

1000万円 500万円
病気 400万円

200万円

※掛け金2000円の場合

 

まとめ

上の表をご覧いただいて、自分の何が足りないのかを検討する必要があります。医療保障の部分ですかね。掛け捨て同士なら死亡保障では検討する価値は十分にあると思います。特に小さなお子さん向けの共済はオススメです。

スポンサードリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です