健康保険証の交付から番号や住所変更などの記載内容と返却まで解説

= 180

スポンサードリンク

健康保険証の交付・発行

まず、会社などに採用されたら
保険証の発行をしなければなりません。

事業主は採用したら資格取得届を
作成し保険者に提出します。

けんぽならけんぽに提出します。

そして、保険者の確認という作業を
もって資格取得者になります。

保険者等は、被保険者の資格取得の
確認を行った時は、事業所整理番号と
被保険者整理番号を事業主に通知します。

この時に被保険者証を事業主に送付し
事業主は被保険者に遅滞なく被保険者証を
交付します。

保険証が会社からもらうのはこういう
仕組みなんです。

ただし、健康保険証が届くまでに
2〜3週間かかります。

意外と遅いです。

スポンサードリンク

健康保険証に代わる被保険者資格証明書

就職したあと、健康保険証が来るまでの間、
保険等はないままなのでしょうか?

いえいえ。そんなことはありません。

健康保険証が届くまでの間に
事業主か被保険者の求めに応じて
被保険者資格証明書が交付されます。

しかし、この資格取得証明書も
届くのが遅いです。

相当早い段階で請求をしておかないと
保険証と同じ時期に届くかもしれません。

健康保険証の番号

健康保険証の記号とは事業所の
番号のことですし、番号とは
事業主ごとに振られた番号です。

被扶養者の記号番号については
被保険者と全く同じです。

ですから、父と子どもの保険証の
記号番号は同じということになります。

健康保険証の住所変更などについて

被保険者が住所を変更した時は
速やかに事業主に申し出ることと
なっています。

被扶養者の届出は事業主を通じて
5日以内となっています。

事業主が行う保険証関係の届出は
ほぼ5日以内に行わなければいけません。

健康保険証の返却等

退職等で被保険者資格を喪失し
保険証を返却しなければなりません。

このリミットは5日以内です。

そして、保険証を受け取った事業主は
遅滞なく保険者に返納します。

まとめ

健康保険証については扶養などの
関係で皆さんにも身近な問題でも
あります。

その中でも関心を持たれるのが
保険証が来るまでの間はどうすれば
いいのですかという質問です。

保険証が届くまでの間に、
風邪ひいたらどうしよう
と心配される方も多いです。

特に被扶養者がおられる方は
なおさらです。

ですから、採用時に担当者にしっかり
聞いておくことがポイントです。

1週間経ってから申告しても、
保険証とあまり変わらないかも
しれません。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です