健康保険の扶養家族と扶養の範囲から外れる年齢や年収、手続きは?

= 95

健康保険で気になるのが扶養に入るか
どうかが気になります。

奥さんや子どもさんも調整しながら
お仕事をされているはずです。

今回は扶養について見てみましょう。

スポンサードリンク

扶養家族の範囲

生計維持関係のみ必要なもの

被保険者の
・直系尊属
・配偶者(内縁含む)
・子(養子も含む)
・孫
・兄弟姉妹
となります。

この場合、尊属は父母、祖父母など
永遠に上の代は入ります。

高祖父(おじいちゃんのおじいちゃん)
を扶養に入れたいのであれば入れます。

ギネスにも載るでしょうが。

あと、養父母は直系尊属に入ります。

生計維持というのは生計の基礎を
被保険者に置くことです。

保険者によって生活ができている
ということです。

生計維持関係+同一世帯が必要

以下の場合が該当します。

・被保険者の3親等内の親族
・内縁など事実婚関係にある配偶者の父母と子
・上記配偶者の死亡後の父母と子

この場合の親族とは伯父や姪などです。

範囲が広いとか、関係が法的なものでない
というイメージです。

いずれの場合も後期高齢者医療の被保険者は
被扶養者とはなりません。

スポンサードリンク

健康保険の扶養に入る年齢や収入、手続きは?

60歳未満で同一世帯に属している場合

・130万円未満 かつ 被保険者の年収の1/2未満

一般的な妻や子どもの要件はこの要件を見ればいいです。

60歳未満で同一世帯に属していない場合

・130万円未満 かつ 被保険者からの援助額よりも少ない場合

一人くらしの場合などがここに該当します。

60歳以上または障害者で同一世帯に属している場合

・180万円未満 かつ 被保険者の年収の1/2未満

60歳以上または障害者で同一世帯に属している場合

・130万円未満 かつ 被保険者からの援助額よりも少ない場合

つまり年配や障害者の方を扶養する場合は
収入の制限が緩くなっています。

同一世帯とは被保険者(夫)と
住居及び家計を共にするものを言います。

戸籍が同じかどうかは問われません。

夫婦が共同して負傷している場合には
年間収入の多い方の被扶養者とします。

また、年間収入が同じくらいなら届け出により、
重として生計を維持する方の被扶養者とします。

また、年間収入とは年金、給与など継続して入る
収入により計算されます。

つまり、その人に入る全ての収入の
総支給額となります。

また、被保険者は被扶養者を有した時は
5日以内に事業主(会社)を経由して
被扶養者届けを保険者(協会など)に
届け出ます。

まとめ

扶養の金額である130万円。
これは総支給額となります。

月収でいうと108,333円となります。

アルバイトなどで勤続年収なので、
仕事始めに扶養上限ギリギリの仕事をしていたら
時給が上がれば知らない間に
扶養を超えるかもしれません。

職場とも連携相談しながら扶養対策を
していく必要があります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です