保険見直し時に参考になる保険証券の正しい見方とチェックポイント

= 105

スポンサードリンク

生命保険の商品の特徴

大手や中堅会社の生命保険はいろんな特約がセットになって販売されています。

例えば、

・終身保険…葬式代をまかなう

・定期保険特約…遺族の生活をカバーする

・入院特約…病気や怪我の保障

などです。

これらをセットにしている場合は保障が被らないように保険に加入しないといけません。

スポンサードリンク

チェックポイント

チェックポイントは契約形態、主契約、死亡保障、医療保障、配当の5つです。

契約形態

契約者=被保険者、受取人=妻・子、というのが一般的です。この場合は相続税の対象となります。

しかし、親御さんが契約をしている場合などで、契約者=親、被保険者=本人、受取人=親などとなっている場合は一時所得の対象となります。ですから、控除のことを考えても相続税の対象とした方が良いので、契約者を本人や子にした方が良いです。

主契約

終身保険で葬儀代などの死後の整理資金を準備します。

死亡保障

定期保険特約、収入保障特約などがあります。

定期保険特約は主契約の保険料満了までは自動更新できます。自動更新する際には、更新時の保険料で計算されるので保険金が同額であれば保険料はその都度アップします。(要注意)

収入保障特約は10年更新型や年満了型があります。死亡後、10年間保険金が支払われる10年更新型。一定の年齢まで支払われる歳満了型があります。

三大疾病保障付定期保険特約はがん・脳卒中・急性心筋梗塞に罹患し一定状態が続いた場合に死亡保険金と同額が支払われます。がん保険の診断給付金に近いです。

医療保障

入院特約は保障期間や保障開始が会社によって異なります。特約は主契約を解約すると自動的に解約となる。ですから、入院特約は医療保険の単品に切り替える提案が多いです。特約が欲しいので不要な主契約を契約しなければならない状態は避けたいです。

配当・予定利率

予定利率とは保険料の割引率のことで高ければ高いほど保険料は割安となります。しかし、バブル崩壊後は予定利率は大幅に低下しています。10年以上前の契約でなければ分析の必要はないと思われます。

証券の見方(おさらい)

1 商品名に惑わされない
2 契約者・被保険者等のチェック
3 主契約の保険料払込満了をチェック〜契約日から自動更新の時期がわかる
4 給付金の支払条件を確認する
5 死亡保障関係の特約は主契約の保険料払込満了まで自動更新できる
6 入院関係の保障は80歳まで更新できる
7 入院関係の特約は10年更新型が多い

保険証券は保険の現状を知る最良の資料です。是非皆さんも一度ご自身の保険証書をご確認ください。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です