保険の見直し時に使える!教育資金の貯め方、とっておきの方法!

= 75

教育資金は「人生の3大資金」と言われています。
3大資金とは
「住宅資金」「老後資金」「教育資金」
のことを言います。

スポンサードリンク

教育資金は予想しにくい

このうち住宅資金については各家庭の
モチベーションが高いです。

というのも住宅って目に見えるし、
遠い将来のことでもありませんからね。

それに比べて教育資金は先が読みにくいです。

親の想定では高校まで公立で行くはずが
実は中学から大学の附属中学に行くとか
想像もつかないわけです。

そもそも親の思い通りに子どもは育ちませんっ。

子どもの進路なんてわかりませんので、
考えにくいんですね。

老後もしかりですね。
考えようともしません。
教育も老後も予算化しにくいんです。

では、データを参考にしましょう
という話になるわけですが、
第2次ベビーブームに生まれた世代などは
教科書通りに行かねえぜ、と思うわけです。

スポンサードリンク

預金や保険で計画的に準備

とはいえ、教育資金は計画的に
準備しておくことが必要です。

住宅ローンを抱えたままで、
さらに教育ローンに依存することがないように
したいものです。

安定した金融商品としては
元本の安全性からして子ども保険が
おすすめです。

こども保険などについてはこちら。

習慣として貯蓄することが苦手な人には
根強い人気です。

あとは終身保険。
終身保険を短期(10年など)で加入し、
一定期間経過後、解約返戻金を
子どもの学費として活用する方法も
ありです。

教育資金のポイント

基本的な考え方は毎月の生活費から
捻出できない部分を補完する目的で
貯蓄計画を行えばいいと思います。

私立高校などでは塾代などは生活費で
出せても、年に何回かの授業料は
ちょっと厳しいとなると、
その授業料を貯蓄で補うという感じです。

全部を補う必要はありません。

何を生活費で出して、何を貯蓄で出すか
というところがポイントです。

これならある程度のイメージは
つくはずです。

完璧を狙ってはいけません。

共働きの場合の注意点

共働き世帯では、一方が死亡した場合に
教育資金を確保できるかがポイントです。

要注意なのは住宅の共同名義。
ローンを夫婦分担して支払っている場合は
どちらかが死亡してもローンは完済されません。

ここは要注意です。

どちらか一方が死亡してもローンが完済
されない場合は、負担が大きくなる場合が
あります。

まとめ

早め早めが大事です。
早めに貯蓄した方が毎月の貯蓄額も
負担がそれほど多くありません。

短期間で貯めるより、
長期間の方が毎月のゆとりもあります。

しかも、子どもが小さい時の方が
お金にゆとりがあります。

貯めやすいんです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です