ペット保険などの少額保険(ミニ保険)の内容と保険の種類とは?

= 88

少額保険(ミニ保険)とは2006年に生まれた新しいタイプの保険です。少額短期保険とも呼ばれています。主な特徴は少額の保険金(上限1000万円)と短期の保険期間(1年間。損害保険は2年間)となっています。少額保険の基本について見ていきましょう。

スポンサードリンク

少額保険(ミニ保険)の基本

①保障額は最大1000万円とやや少ないです。これだけで済ますとなると厳しいかもしれません。

②倒産リスクがあります。一般の保険会社だと保険会社が倒産した場合、保険契約者保護機構が90%まで保障を引き継ぎますが、少額保険は0になる可能性もあります。

③資本が少ないので、豪華なパンフなどはありません。地味です。

スポンサードリンク

少額保険(ミニ保険)の保険金額と保険期間

保険金額

・疾病による死亡、重度障害:300万円まで
・疾病、障害による入院給付金:80万円まで
・傷害による死亡、重度傷害:600万円まで
・損害保険:1000万円まで

保険期間

1年まで(損害保険は2年まで)

少額保険の加入パターン

① 単独パターン

最低限の保障だけが欲しいという方なら少額保障単品で加入もいいと思います。保障がコンパクトになり、低価格になりますので、自分にあった保障内容なら検討の余地はあります。

② 補強パターン

少額保険は保険の隙間産業みたいなイメージを持っていただくといいかもしれません。ですから、通常の保険の足りない部分を補強するというイメージです。

少額保険(ミニ保険)のジャンル

・生命保険:通常の保険と比べて保険期間が1年間と短いため期間限定でどうしても欲しい人向けです。

・医療保険:特定の疾患を対象にした保険もあります。

・家財保険:保障は2年間です。

・ペット保険:ペットにかかる費用を保障する保険です。

・葬儀保険:葬儀費用が保障される保険です。

・地震費用保険:通常の保険とは異なり少額保険なら単独で契約できます。

・シニア保険 

・外国人保険 

・不妊治療保険 

・見舞い保険:被保険者が死亡した時に死亡保険金が支払われます。

まとめ

少額保険はその特性を知る必要があります。自分で何が足りないのかをしっかり見極める必要があります。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です