ペットのトラブルにも効く!ペット保険の保障と加入できるペット

= 118

スポンサードリンク

ペット保険って何?

ペット保険とは動物病院などで医療サービスを受けた場合、その治療代や手術代、入院費用など一定定額が支払われる保険のことを言います。補償内容はペット保険を扱う会社によって様々ですので、保険会社ごとの補償内容をしっかりとみて行く必要があります。

1年間あたりのペットの治療費

衣食住環境の改善や獣医学の発達によりペットの寿命が長くなりました。しかし、長寿化に伴い病気にかかるリスクが増えるのも事実です。また、リスクの高い病気にもなる確率が高いので医療費が高額になることも。ペットの医療費は実費なので高額になります。

医療が年間3万円以上:猫30%、犬60%

医療が年間10万円以上:猫8%、犬16%

というデータもあります。

スポンサードリンク

ペット保険に加入できるペット動物

加入できる動物

基本的には犬と猫になります。

保険会社によってはうさぎ、ハムスター、爬虫類なども加入できます。

ペット保険の年齢制限

最短で生後30日、最長で16歳などこれも保険会社によって違います。

加入時の健康診断

加入時の健康診断は会社によって異なります。指定病院での受信で保険料が割引となる会社もあります。

加入できないケース

過去に重病を患っていた場合は加入できない場合があります。

ペット保険で補償される部分

補償内容:補償の対象となった時

通院補償:ケガ、病気で通院した時

入院補償:ケガ、病気で入院をした時

手術補償:ケガ、病気で手術をした時

他人への損害:他人のペットをケガさせたり、他人にものを壊して弁償した時

葬儀費用:死亡して火葬、埋葬をした時、供養のため、仏具を購入した時

診断書作成費用:保険金を請求するために診断書を作成する費用がかかった時

トラブルにも効く!ペット保険の実際に使える補償

上記の中で意外と使えるのは他人への損害です。ペットである犬が他のペットを傷つけたり、人に噛み付いたりした場合どうすればいいのか?僕も刑事として経験がありますが、このような場合、飼い主は飼い犬条例やまたは過失傷害という罪に問われる場合があります。なぜ、罪に問われるのか?

それは、話し合い、つまり、示談がうまく成立しないからです。ここで話がまとまらないからです。話がまとまっていれば相手方が警察に行くこともないはずです。

近所の因縁とかって、ペットのすれ違いによる事故などから発生生まれます。発端は些細なことです。しかし、もしペットが小さな子どもに噛み付いたりとかしたら、それなりの問題になります。しっかりと管理するとともにいざという時の補償には入っておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です