パートさんの健康保険の加入の要件と健康保険に加入できる上限年齢

= 248

スポンサードリンク

あなたの会社は健康保険に加入してますか?

健康保険の加入は事業所単位で行います。

この適用事業所には強制適用事業所と
任意適用事業があります。

強制適用事業所

国や地方公共団体は法人であって、
常時従業員を使用するもの。

個人経営で適用業種の事業所出会って
常時5人以上の従業員を有するもの。

非適用業種とは農林水産業、
飲食・理容・美容業、自由業、宗教業です。

  適用業種 非適用業種
法人等 強制適用事業所 強制適用事業所
個人5人以上 強制適用事業所 非該当
個人5人未満 非該当 非該当

任意適用事業所

適用事業所以外の事業所の事業主が
厚生労働大臣の認可を受けて、
適用事業所としているところがあります。

あなたの事業主が適用事業がどうかは
日本年金機構のホームページから
調べることができます。

日本年金機構の検索ページ

スポンサードリンク

パートさんの健康保険の加入要件

4分の3基準

1週間の所定労働時間及び1ヶ月の所定労働日数が
通常の労働者と比べて4分の3以上であれば、
被保険者となります。

これに該当すれば使用期間や事業所等の規模は
関係ありません。

4分の3基準以下

この4分の3基準を満たさない者であっても
次の要件を全て満たせば被保険者となります。

① 1週間の所定労働時間が20時間以上
② 同一の事業に継続して1年以上使用されることが
  見込まれること
③ 収入の月額が8万8,000円以上であること
④ 学生等でないこと
⑤ 特定適用事業所(被保険者の総数が500人を超える企業)
  に使用さえていること

②は期間の定めなく使用される場合や
1年以上使用される場合です。

③ボーナスなどの臨時の賃金や残業代などです。

上記の①〜⑤の全てを満たす必要があります。

加入できる上限年齢

健康保険への加入期間ですが、
事業主に雇われてから75歳までとなります。

75歳になれば後期高齢者医療保険の
被保険者となるので、健康保険の被保険者では
無くなります。

まとめ

近年、短時間労働者への待遇は良くなっています。

正規雇用がなかなかできない時代背景を
考慮してのことだと思います。

非正社員化が進むなかで、パートであっても
社会保険の適用を広げていこうとしている
流れはあります。

4分の3基準を満たすレギュラーバイトも
多くなってきました。

アルバイトだけど社保に入れるという雇用。
これも時代背景なのではないかと思います。

企業としても従業員としても短期間雇用者の
社会保険の加入は仕事へのモチベーション
などにも影響すると思います。

社会保障と企業の政策は繋がっていると
思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です