よくわかる!保険の加入、見直しのオススメのタイミングとポイント!

= 145

保険に入ろうと思う時、見直す時
というのは家族や自分の人生に変化が
ある時です。

ポイントは3つあります。

    1. 「結婚」「子どもの誕生」などの
      ライフイベント発生時がタイミングです。
    2. 子どもの誕生で必要額が不足する場合は
      定期保険や収入保険でカバー。
    3. 子どもの就職後は定期保険等を個人年金
      などにシフチェン
    スポンサードリンク

ライフイベント発生時が見直しのポイント

子どもの誕生

自分が万一のことがあっても
子どもは大学まで卒業させてあげたい。

となると、自分の収入と同じ額は
毎月家に入れてあげたいはず。

そこで使えるのは収入保障保険。

一定の年齢または年数の期間
毎月10万円といった定額が受け取れます。

万が一の場合に受け取れる公的年金である
遺族基礎年金、遺族厚生年金がありますが、
手厚いのは子どもが高校卒業まで。

これ以降は保障が薄くなります。
ですから、大学や短大、専門学校入学に
備えて子ども保険も必要だと思います。

住宅の購入

住宅を購入する際には団体信用生命保険
に加入することをオススメします。

通称団信というやつです。

団信に加入していれば、夫が死亡した場合は
住宅ローンの返済が免除されます。

ということは、ここで必要保障額が減ります

子どもの大学進学

こども保険の多くは18歳満期であり、
入院特約もそこで終了します。

ですから、このタイムングで子どものための
医療保険に加入するのも手です。

18歳くらいで医療保険に加入すると
保険料も安く、多くの保険会社で
保険料が上がらない仕組みとなっています。

子どもの就職

子どもが就職すると子どもの養育費
も必要がなくなります。

ここから必要なのは夫婦の生活費。

葬儀代等のために200〜300万円の
終身保険に加入するのも手です。

いざという時に残された配偶者と
子ども夫婦との間で葬儀代等の出費で
揉めないようにしたいものです。

また、配偶者の以後10年くらいの生活費
として個人年金保険に加入するのも手です。

定期保険特約などに加入していれば
解約金で振り返ることもできます。

定年退職

定年後に必要なのは医療保険。
高齢になると入院はつきもの。

できれば若いうちに加入しておきたい
ものです。

加入時の年齢の保険料で一生涯
保障が受けられます。

また、60歳払込などにしておくと
定年後の医療保険料は不要になります。

この費用を一時払いの終身保険などに
回すことも選択肢としてありえます。

数年間は解約しても元本割れしますが
以後は貯金を上回ることが多いです。

スポンサードリンク

まとめ

このようにライフイベントごとに
保険を見直す必要はあります。

一番大切なのは、今なぜこの保険に
入っているかという自覚があるかどうかです。

よくわからないけど勧められて入っている
ではいけません。

あとは、保険は入る時期や運用方法で
効率よく加入することができます。

20歳前後で60歳払込の終身保障の
医療保険に加入していれば、
トータルの出費が違います。

今一度自分の年齢や子どもの年齢などを
グラフで書いていきましょう。

そうすれば、視覚的にも必要保障が
わかると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です