シングル、DINKS、年代別、ケース別保険の必要保障額はこれだ

= 214

スポンサードリンク

シングルに必要な保険とは?

シングルの場合、男女ともに独身で扶養する人がいないのであれば手厚い保障はいりません。死亡保障と言っても必要なものは本人の葬儀代くらいなものです。あとは入院した場合に必要な医療保険の方が大事です。中年に差し掛かると必要なものは老後の資金。老後の資金は貯金がベストですが、終身保険もオススメです。

スポンサードリンク

DINKSが必要な保険とは?

DINKSとは共働きで子どもがいない夫婦のことです。共働きの場合は残された方もある程度の収入が見込まれます。したがってそれほど多くの死亡保障は必要ありませんが、収入の額によっては一人で生活できるかどうかはわかりません。残された方の収入だけでは不安な場合は収入保障保険などの加入を検討する必要があります。

妻が住宅ローンの返済等に貢献しているなら、妻の方にも死亡保障が必要となります。

夫が会社員で妻が専業主婦の家庭

妻が専業主婦の場合、収入がゼロなので夫の保険が支えになります。夫が会社員の場合は子どもが高校を卒業するまでは受け取れますが、さらにプラスして遺族厚生年金も受け取れます。子どもの進路によって異なりますが、800〜1000万はかかると言われています。

夫が自営業で妻が専業主婦の家庭

夫が自営業の場合は公的保障が少ないため、会社員より手厚い保障が必要です。18歳未満の場合は遺族基礎年金が支給されますが、遺族厚生年金は支給されませんので、その分収入が少なくなります。

会社員よりも死亡保障は1000万円以上は多くしておく必要があります。

まとめ

必要保障額は人それぞれです。その人の置かれた家庭環境で大きく異なります。ポイントは2つ。一つは夫婦の収入のうむと額。もう一つは自分が受けられる公的保障の額です。まずはこの2点をしっかりと把握しておく必要があります。公的保障の上乗せが民間保険です。上乗せのを計算するのに必要なのが各自の収入の額です。

まずは自分を知る。自分の現状を知る。ここからスタートです。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です