お金が増える?貯蓄型である養老保険も100%活用術を公開!

= 162

高齢化社会と低金利時代の到来により、より老後のことを真剣に考えないといけない時代になりました。私たちはクラス現代は一体どのような社会なのでしょうか?

スポンサードリンク

高齢化社会と低金利時代で私たちはどうなる?

高齢化社会への経緯

年代別で高齢者1人を支える現役世代の数を調べて見ました(総務省HPより)

1990年 5.1人、2014年 2.2人、2025年 1.8人、2060年 1.2人となっています。この20年足らずでいかに高齢化が進んだのかがわかります。高齢化というより少子化という方が会っている気もします。

高齢化社会のデメリット

① 年金受給開始の引き上げと減額
② 医療費負担UP
③ 退職金は大幅減額

低金利時代…利子はこれだけ違います

※ 100万円貯金した場合

1980年の2.75% 1年後 利子は2万7500円
2015年の0.02% 1年後 利子は   200円

すごい違いですね(汗)

スポンサードリンク

養老保険の魅力は薄れたのか?

養老保険は貯蓄型生命保険の一種で満期を迎えた時に満期保険金を受け取れます。途中解約をする場合は元本割れがしやすい設定となっています。保険料の負担も大きく、返戻率も他の貯蓄型保険より魅力は少なめです。

終身保険や個人年金よりも非効果的なのは間違いないです。イメージは一昔前の保険というイメージです。

それでも養老保険を選ぶならオススメはこれです

ソニー生命 特殊養老保険

保険期間のうち前半は契約時の基本保険金額のまま推移します。その後は保険金額が基本保険金額の2倍になるまでは毎年保険金額が増加します。老後に保障を受けながら資産形成するのに役立ちます。

返戻率 105.4%

メットライフ生命 養老保険

満期保険金を年金で受け取れることができるのが特徴。返戻金は普通。

返戻金 103.3%

アクサ生命 ユニットリンク

変額保険ですので解約返戻金は増減して最低保障はない。長期加入が原則となります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です