お金が増える?終身保険、貯蓄型(積立型)保険100%活用術公開

= 91

高齢化社会と低金利時代の到来により、より老後のことを真剣に考えないといけない時代になりました。私たちはクラス現代は一体どのような社会なのでしょうか?

スポンサードリンク

高齢化社会と低金利時代で私たちはどうなる?

高齢化社会への経緯

年代別で高齢者1人を支える現役世代の数を調べて見ました(総務省HPより)

1990年 5.1人、2014年 2.2人、2025年 1.8人、2060年 1.2人となっています。この20年足らずでいかに高齢化が進んだのかがわかります。高齢化というより少子化という方が会っている気もします。

高齢化社会のデメリット

① 年金受給開始の引き上げと減額
② 医療費負担UP
③ 退職金は大幅減額

低金利時代…利子はこれだけ違います

※ 100万円貯金した場合

1980年の2.75% 1年後 利子は2万7500円
2015年の0.02% 1年後 利子は   200円

すごい違いですね(汗)

スポンサードリンク

終身保険を活用するためのポイント

返戻金は105%以上

返戻率は105%がポイントです。100%だとただ掛け金が返ってきただけとなるからです。

解約時に保険料が戻ってくる終身保険は払込期間や返戻率は商品ごとに異なります。

死亡以外の保障にも注目する

例えばですが疾病災害入院特約、定期保険特約などがあります。保険料との兼ね合いで決めましょう。

オススメの終身保険

AIG富士生命 E-終身

10年の払込を選択すると11年目で解約返戻率が100%を超えます。

3大疾病を患うと保険料は免除になります。

11年後の返戻率 103.1%  20年後の返戻率 110.8%

オリックス生命 RISE

解約返戻率が高く、介護保障が自動で付く短期払いも設定できます

11年後の返戻率 100%  20年後の返戻率 109.5%

ソニー生命 バリアブルライフ

保険料の一部が運用され、死亡保険金や解約返戻率がアップします

まとめ

E-終身はいいですね。終身保険全体に言えることですが、基本は短期で払い込むことです。そうすることで返戻率が100%を超える時期が長くなります。そうすると、その時の状況により臨機応変に解約できたりします。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です