うつ等の精神疾患の場合の障害年金の障害の程度と具体的な症状とは

= 129

スポンサードリンク

精神疾患の判定は難しい?

精神疾患の等級判定は、他の疾患のように客観的な検査数値がないことから、症状、経過や日常生活、就労状況により総合的に判断されますが、診断書の記載内容が有力な判断材料として認定されます。各等級の例示は次の通りですが、てんかんを除き、平成28年9月から「精神障害に係る等級判定ガイドライン」に基づき認定診査が行われることになりました。

スポンサードリンク

等級別精神疾患

障害等級全般に関してはこちらのリンクをご覧ください。

障害等級1級 

精神疾患が原因で、常に他人の援助がなければ自分の身の回りのことがほとんどできない状態の方が該当する等級。寝たきり状態が1級とされます。精神疾患の申請では、1級に該当するケースは限定的であり、1級受給者が更新時に2級に等級変更されるケースも多い。精神疾患で寝たきりというケース自体が珍しいです。

障害等級2級

精神疾患が原因で、自分の身の回りの多くのことが、他人の援助が必要な状態の方や家庭内での簡単なことはできるが、時々援助が必要な方も症状により該当する等級。

障害等級3級

精神疾患が原因で、日常生活では時には援助が必要な程度であり、短時間就労可能な状態でも認定される可能性はありますが、フルタイム就労可能な状態での認定は困難な等級。ただし、勤務先が就労上の配慮措置を行っている場合、障害者枠採用でなくても状況によっては認定すると認定基準にはあります。このような状況を診断書や病歴・就労状況等申立書の中で詳細に述べることが欠かせないでしょう。

障害手当金

精神疾患で障害手当金の支給を受けることはほぼ不可能だと考えます。理由は、障害手当金の状態とは3級と同程度で、違いは初診日から5年以内に治っていることが条件です。精神疾患は、うつ病や統合失調症のように症状が変動(=増悪、軽快)し、症状が固定することはないと言うのが審査する側の基本的な認識です。つまり、ずっと治らないとは言えないということです。精神疾患はその障害の程度が増進したり、減少したりする可能性があるということです。ですから、精神疾患で症状が固定されることが認められるということは難しいということになります。知的障害のように生涯を通して症状に変動がないことが医学的な定説となっていても、審査する側は環境要因で症状は変動すると考えていますから、精神疾患での症状固定は、あまり認められないのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です