【人気商品徹底比較】トレンドや保険料でわかる介護保険ランキング

= 80

公的介護保険は基本的には65歳からしか保障されません。若い年代時に介護状態になった場合に備える必要があります。40歳〜64歳までは公的介護保険料を負担しているにも関わらず、交通事故などで介護状態になっても介護保険は使えません。まずはここを押さえましょう。

スポンサードリンク

介護保険の種類

介護保険は要介護状態になった時支払われますが、受け取りには3つのタイプがあり、①年金型②一時金型③混合型があります。

介護保険選びに知っておくべきトレンド

要介護条件 5が重く、1が軽い(支給条件は2が主流)

要介護5 食事、排泄は1人でできない。日常生活を遂行する能力が著しく低下
要介護4 食事に時々介助が必要で、排泄、入浴、着替えには全面介助が必要
要介護3 食事や排泄に一部介助が必要。立ち上がりや片足での立位歩行ができない
要介護2 食事や排泄に何らかの介助を必要とすることがある
要介護1 食事や排泄はほとんど1人でできるが、時々介助が必要な場合がある

公的介護保険の支給上限額

要介護5 36万650円
要介護4 30万8060円
要介護3 26万9310円
要介護2 19万6160円
要介護1 16万6920円

スポンサードリンク

介護保険人気商品徹底比較

東京海上日動あんしん生命 長生き支援終身

保険料
男性 30歳/1万2955円 40歳/2万785円 50歳/4万4285円

保険料条件
要介護2以上、保険期間:終身、保険料払込期間:60歳

特徴
払込免除や祝い金も充実

コープ/損保ジャパン日本興亜 介護保険

保険料(500万円コース)
男性 40歳/150円 50歳/480円 60歳/1800円

保険料条件
要介護2以上、保険期間:1年、一時金500万円コース

特徴
コープ会員専用、保険料が安い

朝日生命 あんしん介護

保険料
男性 40歳/5463円 50歳/7461円 60歳/1万2420円

保険料条件
要介護1以上、保険期間:終身、保険料払込期間:終身

特徴
支給条件が業界最低水準

まとめ

個人的な考えなのですが、選択肢はできるだけ少なくしています。このブログを読んで悩むと意味がないですから。厳選した中で参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です