【人気商品徹底比較】保険料や保障等でわかる医療保険ランキング!

= 86

スポンサードリンク

医療保険の加入の必要性

医療については健康保険などの公的保険でのカバーがあります。その代表が高額療養費です。一定の医療費を超えた費用は戻ってきます。一般的な所得なら1ヶ月あたりの医療費の上限は8万円ちょっとです。低所得者は5万7600円となります。会社員なら傷病手当金というものもありますから、必ずしも医療保険に加入する必要はありません。

それでも加入すべき人はどのような人でしょうか。
①1円でも治療費負担を抑えたい
②短期入院でも保障を確保したい
③先進医療の活用も選択肢に入れたい

スポンサードリンク

医療保険選びに知っておくべきトレンド

三大疾病の保障を重視しています。1入院あたり60日が保障の上限でも、三大疾病は2倍になったり、無制限となる商品も多くなってきた。

がん診断診断特約やガン入院特約を付けるがん保険との兼用ができます。

セカンドオピニオンサービスや健康ダイヤルなどの付帯サービスに力を入れるようになってきました。

医療保険人気商品徹底比較

オリックス生命 新キュア

①三大疾病の入院が無制限で、一時金は1年に1回を限度に支払われる
②ガンは上皮内新生物であっても支払われる
③七大生活習慣病の場合は入院限度日数は2倍
④TーPECを活用できる

30歳男性/1582円  40歳男性/2187円  50歳男性/3172円

ネオファースト生命 ネオdeちりょう

①健康保険の自己負担分もサポート
②治療一時金を支給

30歳男性/1653円  40歳男性/2126円  50歳男性/3244円

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 新健康のお守り

①20代から50代までの女性の保険料が安い
②女性疾病に対する保障が幅広い

30歳男性/1752円  40歳男性/2449円  50歳男性/3617円

まとめ

ここで紹介した商品は主流となる商品です。オリックスは人気です。しかし、逆に加入しないという選択肢もあります。それとも共済のみで済ませる選択もあります。お勤めの状況によっても異なりますが、福利厚生が豊かなほど不要となります。参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です