【人気商品徹底比較】保険料やトレンドでわかる定期保険ランキング

= 131

定期保険は保険料のシンプルさで選ぶのがポイントです。また、収入保障保険と比べると保険期間内ならいつでも保険金に変動はなく、まとまった一時金を受けられます。

スポンサードリンク

定期保険を選ぶ時に知っておくべきトレンド

①更新型
 例えば、10年毎の更新なら加入時の年齢に合わせてその都度保険料が上がっていきます。つまり、10年毎に上がっていくということです。

②満了から逆算して長期間契約する場合
 子どもの独立までなど、あらかじめ必要な保障期間がわかっているなら、契約期間は長めにしておくと保険料が一定になるので、支出が計画しやすいです。

③健康体割引を検討
 健康な人ほど保険料が安くなる健康体割引が人気です。非喫煙期間などで割引額が異なります。健康体の方はぜひ検討してはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

定期保険人気商品徹底比較

メットライフ生命 スーパー割引定期保険

保険料(1000万円、期間20年の場合)
男性 30歳/1350円 40歳/2470円 50歳/5830円

特徴
保険料が業界最低基準、保険金額の設計自由度が高い、健康体割引、80歳満了

チューリッヒ生命 定期保険プレミアム

保険料(1000万円、期間10年の場合)
男性 30歳/1050円 40歳/1720円 50歳/3940円

特徴
保険料が業界最低基準、メットライフに比べて健康体割引がやや厳しい、70歳満了

オリックス生命 定期保険 ブリッジ

保険料(1000万円、期間20年の場合)
男性 30歳/1688円 40歳/3367円 50歳/7294円

特徴
ネット専用、健康体割引がないので喫煙者でも可、80歳満了

まとめ

大手国内生保会社からは定期付終身保険が多く販売されていますが、保障内容がわかりづらく保険料も高めです。ここはシンプルな保険に加入し、保障内容をしっかりと理解された方がいいと思います。そうすることで、なぜこの出費が必要なのかがわかりますし、家計の見直しがしやすくなります。

よくわからない出費は避けるべきです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です