【人気商品徹底比較】保険料やトレンドでわかるがん保険ランキング

= 118

がん保険はがんと診断された時、またはがんで手術をした場合等に保険金が支払われる保険。

スポンサードリンク

医療保険とがん保険の違いとは?

医療保険   がん保険
がんを含む疾病やケガの入院や手術 保障内容 がんのみ
特約で上乗せ 一時金 主契約に含まれている
がん特約でカバー がん通院保障 特約でカバー
がん保険よりは高い 保険料

安い

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

がん保険選びに知っておくべきトレンド

①診断給付金→100万円
 がんと診断された時点で給付されるもの

②支払い回数→5回もしくは無制限
 通常2年に1回を限度として支払っている会社が多い。

③上皮内新生物→同額保障が理想
 上皮内新生物とは腫瘍が上皮内に溜まるもの。

  上皮内新生物 悪性新生物
症状 転移の可能性は低い 転移の可能性あり
保障 減額または対象外 主契約の対象

 

 

 

 

④入院より通院が主流

 平成14年 入院 約110万人 通院 約90万人
 平成23年    約105万人    約130万人

がん保険人気商品徹底比較

チューリッヒ生命 終身ガン治療保険プレミアム

保険料
男性 30歳/2557円 40歳/3401円 50歳/5067円

保険料条件
主契約給付:月額20万円、保険期間:終身、払込期間:終身払

特徴
特約が豊富

オリックス生命 がん保険 Believe

保険料
男性 30歳/2580円 40歳/3710円 50歳/5500円

保険料条件
基本給付金額1万円、がん初回診断一時金100万円、がん治療給付金50万円、がん手術給付金20万円、がん退院一時金10万円、
保険期間:終身、払込期間:終身払

特徴
初回のがんに対しての保障が手厚い

マニュライフ生命 こだわりガン保険 

保険料
男性 30歳/3322円 40歳/4893円 50歳/9356円

保険料条件
悪性新生物診断給付金額:100万円、特約付加なし、ノンスモーカー料率、保険期間:終身、払込期間:65歳

特徴
ステージ別で給付金額が異なる新しいタイプ

まとめ

がん保険の人気トップ3を紹介しました。以前、前立腺がんになった知り合いがいましたが、なんと入院日数はゼロ。身近な事例として通院の保障が必要だと痛感しました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です